今回はSOLIDWORKSの図面機能で寸法補助線を傾斜させて見やすくする方法についてご紹介します。
寸法を傾斜させる事で見にくい寸法を見やすくすることができます。あまり多用する事は無い機能かもしれませんが、知っておくと他とは違う完成度の高い図面が出来上がります。

スポンサーリンク



寸法補助線とは?

SOLIDWORKSで図面を描かれている方なら既にご存知かもしれませんが、寸法補助線についておさらいをしていきます。

機械工学便覧を調べてみたところ、寸法補助線は「寸法を記入するために図形から引出すのに用いる。」とあります。
では寸法線とはどう違うのでしょうか?
寸法線は「寸法を記入するのに用いる。」となっています。

引用元: 機械工学便覧 第Ⅲ部機械要素設計の基礎と製図第2章製図と図面

言葉だと少しわかりにくいですが、図を見ながら解釈すると分かりやすくなると思います。
寸法補助線は図形から引出すのに用いる。

寸法補助線を傾斜させる操作方法

まずは以下の動画をご覧ください。

操作方法はいたって簡単です。

  1. 寸法線を選択します。
  2. 寸法補助線の単点にマウスカーソルを持っていき、傾斜マークが出る場所で寸法補助線をドラッグさせます。
  3. 傾斜させたいところまで寸法を持っていったらドラッグを外します。