今回は問い合わせの多かった、SOLIDWORKSでオリジナルの図面テンプレートの作り方について説明していきます。 紹介する図面テンプレートの作り方は基本的な操作方法となりますが、応用次第で複雑な図面テンプレートも作成する事が出来るのでぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク



図面テンプレートの作成

まずは図面テンプレートを作成する前に、図面テンプレートの保存場所の指定をおこないます。 ここの作業はしなくても良いですが、やっておいたほうが後々に設定ファイルを見つけやすくなります。 操作方法は以下の動画を御覧ください。

オプション ⇒ システムファイルタブ ⇒ ファイルの検索 ⇒ドキュメントテンプレートの項目を選択します。
ここでは各種設定ファイルの検索先のフォルダパスを指定する事ができます。
ここに自分がファイルを置いておきたい場所のフォルダを追加しておくことで設定ファイルを置いた際にここのフォルダを検索することができます。
私はドキュメントテンプレートに限らずにすべての設定ファイルを一つのフォルダにまとめています。 その方が設定ファイルが見つけやすく、煩雑にならないというメリットがあります。

以下の図面テンプレートをひな形にして先程ファイル検索に追加したフォルダに入れておきます。 SOLIDWORKS図面テンプレート雛型 フォルダに追加する事で保存した図面テンプレートを開くことが出来ます。

オリジナルの図面テンプレートの作成方法

まずは以下の動画をご覧ください。

 動画の中にもありますが、まず図面はビギナーでは無く、アドバンスに切り替えた状態の図面で作成していきます。
ビギナーだとデフォルトに設定されている図面テンプレートが自動的に選択されてしまいます。
(オプションから設定を変更することも可)
アドバンスモードなら自分で設定した図面テンプレートが選択できます。
ここでは予め図面テンプレートのファイルを入れてあるので、アドバンスモードで図面を選択すればフォントや寸法の設定がされている図面テンプレートが開けます。

次に図面シートフォーマットの編集タブを選択します。 このシートフォーマット編集の中で図面テンプレートを作成していきます。
シートフォーマット編集で作成した線や注記はシートフォーマット編集の中でのみ編集する事が可能な線や注記となります。

図面シートフォーマット編集で注記を追加していきます。
ここで言う注記とは、自社のロゴ、部品名、図面作成者、図面作成日、尺度となります。
この他にも、それぞれの会社で使用されている図面枠に記載されている内容を図面シートフォーマット内に追記していきます。
今回は、ロゴ、部品名、図面作成日、尺度の注記を追加しています。 作成方法は動画内で紹介しているとおり、プロパティリンクで3Dモデルの情報をリンクさせています。

プロパティリンクを使用する事で、いちいち部品名を記入したり、尺度を記入する必要が無くなります。
SOLIDWORKSにはデフォルトでこういったプロパティリンクを3Dモデルから抽出することができますが、更にユーザー独自が設定したプロパティを使用する事で、表面仕上げ等、デフォルトには無いプロパティを図面シートフォーマット内に追加することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか? SOLIDWORKSの図面機能の中でも図面テンプレートは図面操作で一番最初に触る機能となります。 この図面テンプレートを知る事で自動的にプロパティを図面に反映してくれるため、注記の入れ間違いや入れ忘れを無くすことができます。 ぜひ今回の機能をマスターして作業効率をアップさせてみてください。 図面作成の負担が減ること間違いなしです。