今回はSOLIDWORKSで作成したモデルの質量と重心を調べる方法を説明します。 簡単な形状で有れば、手計算で求める事も出来ますが、複雑な形状になると手計算では膨大な時間が掛かり、正確さにも欠けます。 そんな無駄な時間を今回の記事で解消する事が出来ます。

スポンサーリンク



質量の測定方法

それでは実際に測定方法の動画をご覧下さい。

操作はいたって簡単です。

動画でも説明していますが、以下の手順に沿って測定をおこないます。

まずは、質量特性を調べるのに必要な材料の比重など、材料特性を設定しておきます。
材料特性の設定方法はこちらの記事をご覧ください。

ツールタブの評価より、質量特性をクリックします。
これだけの操作で質量や体積などの情報を調べる事が出来ます。

動画でも説明していますが、質量特性のオプションより、単位を変更する事が出来ます。
デフォルトの設定はグラムになっているため、キログラムやポンドにも変更する事が出来ます。

モデルの特性として、質量の他に様々な情報を調べる事が出来ます。

  • 密度
  • 体積
  • 表面積
  • 重心
  • 慣性モーメント(イナーシャ)

慣性モーメントなどは、モーター選定時に必ず必要となるため、複雑な計算をしなくても良いのはかなり助かります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介した質量特性は手間がかかる計算をSOLIDWORKSを使って簡単に調べる事が出来るものになります。 こういった手間のかかる作業を減らし、他の重要な作業に時間を費やし、効率的な作業をしていきましょう。