SOLIDWORKSのモデル背景は2色のグラデーションで構成されています。
これはこれで見やすいのですが、背景を単色にすると実務で役立つメリットがあります。
今回はSOLIDWORKSのモデル背景を単色にする方法と、メリットについての紹介をしていきます。

スポンサーリンク



モデル背景の変更方法

まずはモデル背景の変更方法を説明します。
モデル背景の変更は「ツール」⇒「オプション」から、「システムオプションタブ」⇒「色」で変更します。
モデル背景の色を白に設定し、背景を1色に設定します。
以下の操作動画も合わせてご覧ください。

モデル背景を白1色に設定するメリット

上記の設定でモデル背景を1色に設定しましたが、そのメリットとして以下があります。
モデルをキャプチャして画像を資料に貼り付ける際に、モデル背景にグラデーションがかかっていると画像と白背景に区切りが出来てしまい一体感が出ません。
一体感が無いと、作成する資料の完成度も下がり、見た目も悪い資料となってしまいます。
実際に白1色とデフォルトのグラデーションがかかったキャプチャ画像を貼り付けたものを比較してみましょう。

モデル背景がグラデーション

モデル背景が白1色

 

比較した結果はどうでしたでしょうか?
見てわかるように資料として作成するのであれば、明らかに白1色の方が一体感があり、良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、モデル背景を白1色にするメリットとモデル背景の変更方法について説明しました。
このように背景色は白1色にすると、デザインレビューなどで使用する資料がワンランクアップした資料に早変わりです。
細かい事ですが、こういった細かい心使いが上司の承認を得る為には必要です。
今回覚えたコツをぜひ活用してみてください。