SOLIDWORKSには3Dモデルから2次元図面を簡単に作成する機能があります。 通常の3DCADにも同じような機能はありますが、特にSOLIDWORKSには機械図面や電気図面に特化した図面作成機能があります。 SOLIDWORKSの図面作成には様々な機能がありますが、すべてを紹介する事はできないので、順番に紹介していきます。 初回の今回は基本的な3Dモデルから図面に落とし込むまでの操作方法を紹介していきます。

スポンサーリンク



3Dモデルから図面への操作方法

3Dモデルを図面に落とし込み、投影図までほぼワンクリックで作成できます。 通常の2次元CADと呼ばれるものと比べると3次元CADは非常に簡単に、そして短時間で図面を作成できます。 では実際に操作方法を見ていきましょう。

3Dモデルを開いている状態で以下の操作を行います。
ファイル ⇒ 部品から図面を作成 ⇒ 図面フォーマットを選択 ⇒ 各平面図の絵をドラッグで図面フィールドへ入れる。 ここまでの操作で 基準面となる図面が作成できました。
基準面ができたら、次はその基準面を元に投影図を作っていきます。
投影図の作り方も非常に簡単で、ワンクリックで投影図が作成できます。
投影図が3面できたら、2次元CADと同様に寸法や注記を入れて図面として仕上げて完成です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回の部品モデルから図面を作成する方法は基本中の基本となり、図面の作成時間が2次元CADと比べると半分程度の時間で作成できます。 ぜひマスターして図面作成の効率アップに役立ててください。 また今回は部品モデルから部品図の作成をしましたが、アセンブリモデルからでも組み立て図面が作成できます。 基本的な操作方法は部品モデルから図面へ作成する方法と変わりませんので、応用が効きます。