SOLIDWORKSはDassault Systèmesが販売する3次元のCADソフトになります。 主に製造業で3次元のモデルを画面内で作成し、それを図面化する作業に特化したCADです。 SOLIDWORKSは価格帯が他の3次元CADよりも低いため、中小企業によく使われています。 3次元CAD市場において、シェアは40%以上にもなると言われています。

スポンサーリンク



SOLIDWORKSの特徴とメリット

SOLIDWORKSはとても操作性が良い事で知られるソフトです。 シェア率が高い事からも操作性が良い事が分かります。

パラメトリック機能

SOLIDWORKSではパラメトリック機能を使って3次元モデルを作成していきます。 パラメトリック機能とは、モデルが持つ寸法情報などを変更することで、形状を変えることが出来る機能のことです。

モデル作成が直感的に操作できる

これは初心者の方でも複雑な操作せずに、直感的に3次元モデルが簡単に作成できます。 ジャスチャー操作もでき、少ないコマンド操作で素早くモデルの作成ができます。 2次元CADと比べると図面を描くコストが大幅に減らせるでしょう。

2次元図面の作図機能に特化している

これは他の3次元CADの上を言っていると断言できます。 3次元CADが普及してきたとはいえ、まだまだ現場は2次元図面で製品の製作をしています。 そんな中で3次元モデルから2次元図面の製作がいかに早くできるかがリードタイムの短縮になります。 SOLIDWORKSは寸法公差はもちろんの事、公差解析や幾何公差など、図面をスピーディに描く機能が満載です。 こちらについては沢山あるので、機能紹介を徐々にしていきます。

SOLIDWORKSを使ってコストダウンする方法

良く聞く話ですが、設計者は常に製品開発コストダウンを求められます。 競争の激しい市場において、コストの問題には必ず直面します。通常、コストの80%は構想段階で決定すると言われています。[/st-cmemo] そんな責任重大な設計者が使うツールとしてSOLIDWORKSを使ってコストダウンする。という方法があります。

試作回数を減らす

SOLIDWORKSは3次元モデルを作成することができます。 3次元モデルは視覚的にイメージすることが出来るので、干渉チェックや公差の最適化などをSOLIDWORKSでおこない、試作を行う前に十分なチェックが行えます。 これはかなりのメリットになります。通常、2次元図面で設計した場合は試作を3回するとします。その試作の内1回を3次元モデル内で行うように組み立てていく事で干渉のチェックや工具が入るかなど、製品を作らないとわかりにくい問題点を洗い出すことが出来ます。 どうしても画面上では分からない製品誤差などを正規の試作で確認すればよいのです。 こうすることで、通常の試作回数を減らすことができ、製品の開発スケジュールが短縮でき、トータルでコストダウンが図れます。 また、SOLIDWORKSは強度解析もできるので、最適な形状、材料を選定する事で無駄な試作を減らせます。

まとめ

どうでしょうか?SOLIDWORKSの良さは伝わりましたか? SOLIDWORKSは使い方次第では大幅なコストダウンをすることが可能です。 そのためには純分な知識と操作方法を知ることがとても重要です。 そんな操作方法やTIPSはこの「SOLIDWORKS空間」で覚えることが出来ます。 ぜひSOLIDWORKS空間でスキルを身に着けてください。