今回は解析をする上で重要な荷重を任意の位置へ設定する方法を説明します。
通常ですと荷重がかかる位置には重りの形状が乗っている状態になりますが、今回は、重りが乗っている想定をして解析をかける方法です。

重りをパーツ形状として乗せた状態で解析をする事も可能ですが、それですとアセンブリ解析となってしまうため、色々な条件を付ける必要があるため手間がかかります。

解析をする上で重要なのは、以下に現物に沿った形状で簡単に解析できるかが重要になってきます。

今回はそう言った問題を解決する方法になります。

よく使う機能なので、覚えておくと解析の幅が広がります。